和婚に相応しい衣装を~基本ルールを確認して~

花嫁衣装は「吉祥文様」を取り入れて!和婚を楽しむために

魅力的な衣装を選ぼう

近年では和婚の良さが再認識され、結婚式のスタイルとして人気が高いものとなっています。そんな和婚は、花嫁の衣装にも多くの魅力があるものなのです。こちらでは衣装を選ぶ時のポイントについて教えます。

和婚に相応しい衣装を~基本ルールを確認して~

新郎新婦

基本を確認しましょう

和婚では様々なスタイルを楽しむ事ができますが、そこには基本的なルールが存在しているものです。例えば選ぶ柄によっては、組み合わせて使用する事が望ましいとされるものも存在しています。基本を押さえる事によって、ご自身が希望するスタイルを検討していく事ができますよ。

吉祥文様を取り入れて

花嫁の衣装は「吉祥文様」と呼ばれる装飾が施されている事が一般的となっているものです。この柄はお祝い事の際に利用されるものだと認識しておきましょう。この吉祥文様を、和婚の衣装の中に取り入れる事が基本となっているのです。

季節の柄も◎

衣装の柄の中には、季節を感じられるような文様もあるものです。そのため和婚が行われる季節に応じて、相応しい文様を選んでみてはいかがでしょうか。季節の柄を取り入れたいと考えた場合には、店舗のスタッフに相談してみると良いでしょう。

和婚で用いられる衣装の種類

基本の白無垢

和婚と聞くと、白無垢を連想する方も多いのではないでしょうか。白無垢では綿帽子を用いる事が一般的ですが、あえて花嫁の顔を見えなくする事に、日本の文化を感じる事ができますよね。綿帽子は和婚の時しか利用できないものとなっていますから、是非検討してみてはいかがでしょうか。

華やかな色打掛

和婚の衣装として、華やかな色が付いているものがあります。それを色打掛と呼びます。こちらの色打掛は鮮やかな朱色といった色が好まれているでしょう。多くの種類を楽しめる事も、色打掛の魅力ですよ。髪型のアレンジを楽しむことも◎

凛とした引き振袖

着物の裾が長く、引きずるようなタイプとなっている花嫁衣裳が引き振袖となっています。こちらは少しコンパクトなイメージのある衣装となっていますが、凛とした女性の雰囲気を引き立てるには最適となるでしょう。また、引き振袖を着られるような機会は一生に一度しか訪れません。

文化を感じる十二単

婚礼の衣装として、十二単が用いられる事もありますよ。十二単とは元来貴族の正式な衣装となっていたものです。華やかな色の組み合わせは、花嫁衣裳としてピッタリだと言えますよ。和婚にお招きした人を喜ばせる事も可能でしょう。

広告募集中